免疫力を高めるきのこ 椎茸(しいたけ)

 

しいたけは日本では春と秋に、椎、くり、くぬぎなどの幹に自生しますが、現在流通しているものは、ほとんど人工栽培によるものです。生と干したもののどちらも栄養価が高い優れた食材です。干し椎茸の方が味、栄養面で生椎茸より優れているのは、干すことによりビタミンDの含有率が生より10倍も高くなるからです。また、乾燥過程で香りやうまみの成分が作られるため、干し椎茸独特の風味や味わいを楽しむことができます。

 

しかしながら、生椎茸が人工栽培であるように、干し椎茸も天日干しではなく電気乾燥によるものなので、ビタミンDは作られていません。買い求めた生椎茸を、一度天日干ししてから食べるようにすれば、ビタミンDが増えるのでお勧めです。

 

ビタミンDは歯や骨を丈夫にするほか、脳神経の発育に欠かせない物質です。成長期の子供には毎日食べさせたい食材ですね。ビタミンDが不足すると、神経が苛立つ、やる気がなくなったりします。常食することで神経を鎮静させることができ、精神が安定します。

 

また、特殊成分としてレンチナンというキノコ特有の成分には抗がん作用があります。

 

その他の成分で
・フィトステリンは、コレステロールの沈着を防ぐ働きがあります。
・ビタミンB12、エリタデニンは血圧を下げる働きがあります。
・かさの部分に多いエリタデニンは肝臓のコレステロール代謝を促進させるので、血中コレステロールの増加を抑制します。(干ししいたけ9g(大2個)を1週間食べ続けると、コレステロール値が約10%下がったという実験結果が報告されています)

 

したがって、生活習慣病を防ぎ、老化を防ぐのに適したすばらしい食品といえます。低カロリー食品ですから、ダイエットや肥満防止にも効果的です。ビタミンDは体の代謝を盛んにして毒素を除き、体をスリムに引き締めます。

 

しいたけは昔から風邪の妙薬として知られています。咳や痰が出て、熱があるときには、しいたけと氷砂糖を煎じたものを飲むと、熱が下がり、咳も楽になります。

 

そして、女性には必須ですね、しいたけは、皮膚の抵抗力を増し、肌荒れを防止する美肌効果も発揮してくれます。繊維質とビタミンB1が整腸を促し、便通をよくするので、吹き出物を予防し、肌を美しくします。

 

干し椎茸のふりかけの作り方
1. 干ししいたけ中5~6枚は、水で戻さず、そのままで粗く刻む。
2. 鍋に粗く刻んだしいたけを入れ、弱火で軽くいる。
3. 紙に広げてさまし、ミキサーで粉末にする。なければすり鉢で砕く。塩少々と、好みで白ごま、もみのりなどを混ぜてもよい。

 

毎日食べるのが難しいようであれば、ふりかけにしてみるのもいいですね。

 

えのきだけの栄養/効能効果

 

煮るとヌメリが出てナメコと診ているので、なめたけとも呼ばれます。

 

えのきだけにはビタミンB1、B2、ナイヤシン、食物繊維が豊富に含まれています。特にビタミンB1はしめじに次いで多く含まれ、1/2袋食べると、1日の所用量の1/5を取ることができます。ナイアシンもしめじやまいたけと同じくらい多く含まれ、糖質や脂質の代謝に関わり、消化器を健康に保つ働きもしています。

 

えのきだけを頻繁に食べる家庭ほどガンで死亡する危険度が減ることがわかっていま。週に1~2日食べる人の危険度は、ほとんど食べない人の比べ、半分以下の危険度に減ります。このようにえのきだけが、がん抑制効果を発揮する要因は、えのきだけに含まれるEA6という糖タンパク質にあります。食べることにより生体の免疫力を高め、がん細胞の増加を防ぐことができます。

 

また、えのきだけには活性酸をの活動を抑える抗酸化作用もあります。人が通常の呼吸により体内に取り込む酸素のうち、約2%が活性酸素に変化します。活性酸素はあらゆる分子に反応しやすく、正常な遺伝子や細胞、組織を酸化させ傷つけて、病気の発症原因を作ります。ほとんどの食養きのこ類に抗酸化作用がありますが、えのきだけの作用が共力であることは実験でも確認済みです。

 

えのきだけは、発ガン防止効果、ガン予防効果、制ガン効果、抗酸化作用を持ち、生体の免疫機能を活性化させるとても優れた健康食品であることが証明されています。
常食することを推奨する食材です。

 

しめじの効能効果

 

自然のシメジの旬は秋ですが、栽培ものがほとんど一年中売られています。出回っているシメジの多くは、ヒラタケやブナシメジとも呼ばれる白タモギタケです。

 

ヒラタケの方がビタミンB1やナイアシンが多く、特にビタミンB1はブナシメジの2倍もあります。
逆にブナシメジはビタミンDが多く、ヒラタケの約2倍含まれています。
食物繊維はブナシメジの方が多めで、どちらも不溶性が主で整腸作用があります。
また、ブナシメジには免疫機能を高める物質や制ガン作用があるといわれています。

 

スポンサードリンク

きのこ関連ページ

にんじん
貧血気味の人には効果の高い野菜となります。
玉ねぎ
高血圧、糖尿病、脳血栓、脳梗塞などの生活習慣病(成人病)の予防に効果的です。
じゃがいも
じゃがいもは芋類の中でとても優れた食べ物といえます。
れんこん
地下茎の変更したもので、根ではありません。
大根
ご飯など炭水化物を食べ過ぎた時、大根おろしを食べると胃が楽になります。
トマト
トマトジュースに加工されると、16倍もリコピンの吸収率が高くなります。
かぼちゃ
緑黄色野菜には計り知れない効能効果が秘められています。
ブロッコリー
注目していただきたいのが、ブロッコリーの抗がん作用です。
ピーマン
大きめのピーマンならレモン1個分に相当するビタミンCが含まれています。
ほうれん草 小松菜
がんの予防とか肌の老化を防ぐ美容効果が期待できます。
ごぼう
ごぼう茶を飲めば体を芯から温め、むくみもとってくれるのです。
にら/にんにく
ビタミンB群を豊富に持つ食材と一緒に摂ることでより疲労回復効果を発揮します。
キャベツ
キャベツには、100g中44mgと非常に豊富なビタミンCが含まれています。
なす/白菜
野菜に含まれる栄養成分の効果について解説しています。