Eggplant  なす

 

ナスにはこれといった栄養素は含まれていません。大部分が水分で、主な主成分は糖質になります。

 

紫紺色はナスニンと呼ばれるポリフェノールの一種、アントシアニン系の色素です。これには強い抗酸化力があり、ガンや生活習慣病のもとになる活性酸素を抑える強い力があり、コレステロールの吸収を抑える作用もあるようです。

 

ただ、ナスには体を冷やす働きがあるので、食べすぎには注意が必要です。

 

Chinese leaf 白菜

 

白菜の栄養成分はキャベツと似ていますが、キャベツに比べて糖質が少なくカロリーが低いので、ダイエット向きの食材といえます。白菜の主成分は水分ですが、色々な栄養素が微量ながらまんべんなく含まれています。

 

白菜にはビタミンCやミネラルであるカリウム、カルシウム、マグネシウム、大根やかぶなどアブラナ科の辛味成分であるイソチオシアネートなども含まれています。イソチオシアネートは、消化をよくする作用や、決戦ができるのを防いだり、ガン予防の作用などが知られています。

 

これらの栄養成分から白菜の効能として、美白効果、風邪の予防、便秘の改善、利用作用、動脈硬化やガンの予防が挙げられます。

 

白菜はよく漬物に使われます。塩を多量につかう白菜付けを食べると、血圧があがるのではと思われることがよくありますが、白菜漬けの場合は、白菜に含まれるカリウムがナトリウム(塩分)を排泄して塩分を過剰に摂るリスクを軽減させています。また、白菜を多く使うキムチは、その効果により健康食品としても人気の高い食品です。

 

スポンサードリンク

なす/白菜関連ページ

にんじん
貧血気味の人には効果の高い野菜となります。
玉ねぎ
高血圧、糖尿病、脳血栓、脳梗塞などの生活習慣病(成人病)の予防に効果的です。
じゃがいも
じゃがいもは芋類の中でとても優れた食べ物といえます。
れんこん
地下茎の変更したもので、根ではありません。
大根
ご飯など炭水化物を食べ過ぎた時、大根おろしを食べると胃が楽になります。
トマト
トマトジュースに加工されると、16倍もリコピンの吸収率が高くなります。
かぼちゃ
緑黄色野菜には計り知れない効能効果が秘められています。
ブロッコリー
注目していただきたいのが、ブロッコリーの抗がん作用です。
ピーマン
大きめのピーマンならレモン1個分に相当するビタミンCが含まれています。
ほうれん草 小松菜
がんの予防とか肌の老化を防ぐ美容効果が期待できます。
ごぼう
ごぼう茶を飲めば体を芯から温め、むくみもとってくれるのです。
きのこ
常食することで神経を鎮静させることができ、精神が安定します。
にら/にんにく
ビタミンB群を豊富に持つ食材と一緒に摂ることでより疲労回復効果を発揮します。
キャベツ
キャベツには、100g中44mgと非常に豊富なビタミンCが含まれています。