Onion   玉ねぎ

 

たまねぎは、ねぎと同じユリ科の仲間です。たまねぎは野菜の中で最も糖質が多く、そのほとんどがエネルギー源として使われ、疲労回復に重要な役割を果たします。たまねぎには、辛みと刺激の正体『硫化アリル』という成分が豊富に含まれていて、硫化アリルは血液をサラサラにし、動脈硬化の原因となる血栓やコレステロールの代謝を促進、血栓を出来にくくする作用がある。 高血圧、糖尿病、脳血栓、脳梗塞などの生活習慣病(成人病)の予防に効果的です。

 

さらに硫化アリルには、ビタミンB1と結合してアリチアミンとなることで体内にビタミンB1を長く留め、ビタミンB1の吸収を促進する働きがあります。 ビタミンB1が不足すると、食欲不振、イライラ、不眠、精力減退、疲労などの症状が起きやすくなります。たまねぎを、肉の中でもビタミンB1が多い豚肉と一緒に調理すれば、高い疲労回復効果が期待できでしょう。神経疲労や不眠には、夕食に、生のたまねぎを食べると効果があると言われています。

 

たまねぎは、コレステロール値を抑える成分を多く含んでいます。肉食の多い現代の食生活をしていると、動物性脂肪の蓄積による生活習慣病の危険性も高まります。たまねぎは、毒素を絡め取り、便通をよくして腸内に毒素が溜まるのを防ぎます。また、たまねぎの匂いの元となるスルフィド類は、解毒の要となる肝臓の解毒酵素を活性化します。ケルチセン、セレン、グルタチオンっは抗酸化力が強く、活性酸素の害を抑制した上で肝臓を元気にします。抗酸化成分は血液をさらさらにする働きもあります。血流がよくなると冷え性の解消になり、老化防止になります。毎日、半個の摂取が理想的です。安価でもありますし、積極的に摂取すすよう努めましょう。

 

スポンサードリンク

玉ねぎ関連ページ

にんじん
貧血気味の人には効果の高い野菜となります。
じゃがいも
じゃがいもは芋類の中でとても優れた食べ物といえます。
れんこん
地下茎の変更したもので、根ではありません。
大根
ご飯など炭水化物を食べ過ぎた時、大根おろしを食べると胃が楽になります。
トマト
トマトジュースに加工されると、16倍もリコピンの吸収率が高くなります。
かぼちゃ
緑黄色野菜には計り知れない効能効果が秘められています。
ブロッコリー
注目していただきたいのが、ブロッコリーの抗がん作用です。
ピーマン
大きめのピーマンならレモン1個分に相当するビタミンCが含まれています。
ほうれん草 小松菜
がんの予防とか肌の老化を防ぐ美容効果が期待できます。
ごぼう
ごぼう茶を飲めば体を芯から温め、むくみもとってくれるのです。
きのこ
常食することで神経を鎮静させることができ、精神が安定します。
にら/にんにく
ビタミンB群を豊富に持つ食材と一緒に摂ることでより疲労回復効果を発揮します。
キャベツ
キャベツには、100g中44mgと非常に豊富なビタミンCが含まれています。
なす/白菜
野菜に含まれる栄養成分の効果について解説しています。