Tomato  トマト

 

真っ赤なトマトには栄養がいっぱい詰まっています。品種によって異なりますが、次のような栄養素が含まれています。

 

栄養素

効果

ビタミンA 皮膚や粘膜を強くし、風邪などの感染症にかかりにくくする
ビタミンC 美肌効果、感染症やストレスに強くする
ビタミンE 坑酸化作用、血行の流れをよくする
ビタミンP 毛細血管の強化、血圧上昇抑制、血中中性脂肪の分解、ビタミンCの安定化
ビタミンB6 神経細胞の興奮を抑える、動脈硬化の予防、月経前症候群の軽減
ビタミンH 皮膚炎、結膜炎、脱毛、白髪、筋肉痛、疲労感、うつ病の予防
リコピン 坑酸化作用
カリウム 体内の余分な塩分の排泄を促す 
食物繊維 人体で消化されないものをさす、便通を促す水溶性食物繊維
鉄分 血液の中で赤血球のヘモグロビンの成分になり酸素を運搬
カルシウム 骨や歯の構成成分、人体のカルシウムの99%は骨にある 

 

一番注目されているのがリコピンと呼ばれるカロテノイドの一種です。カロチノイドは赤く見える野菜やカニ、エビの甲殻に含まれる赤やオレンジ、黄色の色素の総称で、赤緑黄色野菜に含まれています。リコピンは抗酸化作用が強く、生活習慣病予防や老化予防に効果があります。リコピンの抗酸化作用は、緑黄色野菜で有名なβ-カロチンの2倍以上、ビタミンEの100倍以上になることが分かっています。体内で作られる抗酸化酵素で抗酸化作用が行われますが、体内で作る能力は20代をピークに徐々に低下していきます。積極的に摂りたい野菜ですね。

 

【抗酸化作用とは】
通常の酸素と比べて、モノを酸化する力が強い酸素を活性酸素といいます。人が吸った酸素は、体の中で栄養素と結びついてエネルギーを出しますが、そのエネルギーを作り出す過程で、エネルギーにならなかった一部の酸素は周りの物質と結合して活性酸素というものを発生させます。活性酸素は体内の細菌などを排除しり作用も持っていますが、過剰に発生した場合は問題です。過剰に発生した活性酸素は、体を酸化させ、動脈硬化などを引き起こし生活習慣病を老化を招きます。活性酸素はほとんどの病気の原因とさえいわれています。

 

活性酸素を発生しやすいものとして、添加物が含まれた食品、喫煙、大気汚染、紫外線、ストレスなどです。現代の私たちは、過剰に活性酸素が発生しやすい環境の中で生活していると言えます。その活性酸素を抑えることを抗酸化作用といいます。

 

トマトの加工品

トマトの加工品には缶詰に入ったホールトマトとかトマトジュース、トマトピューレなど数多くあります。生のトマトと加工品とでは栄養価は違うのでしょうか?

 

トマトに含まれるリコピンは、生よりも加熱することにより吸収力が高まります。
ケチャップを使ったナポリタンやトマトソースを使った煮込み料理などは、4倍ほど吸収率がアップします。トマトジュースに加工されると、16倍もリコピンの吸収率が高くなります。

 

スーパーなどで売られている加工品は、完熟前に収穫する生食用トマトを更に完熟させたトマトを使っています。その加工用トマトには、リコピンは約3倍、β-カロテン、ビタミンCは約2倍、食物繊維は約1.5倍も多く含まれています。

 

リコピンは生の状態では硬い細胞に覆われているので、口の中で噛む程度では細胞は壊れず、そのまま体外へ排出されてしまいます。効果的に摂取するには、破砕・加熱し、トマトの下降度が高まるによってリコピンを覆う細胞が壊され吸収率が上がる。
また、リコピンは油に溶けやすい性質を持っているので、油を使った調理により吸収率がより高くなります。リコピンは熱に強いので、炒めたり煮込んだりしても成分がそれほど減少する心配はありません。

 

tomatokakouhinn

スポンサードリンク

トマト関連ページ

にんじん
貧血気味の人には効果の高い野菜となります。
玉ねぎ
高血圧、糖尿病、脳血栓、脳梗塞などの生活習慣病(成人病)の予防に効果的です。
じゃがいも
じゃがいもは芋類の中でとても優れた食べ物といえます。
れんこん
地下茎の変更したもので、根ではありません。
大根
ご飯など炭水化物を食べ過ぎた時、大根おろしを食べると胃が楽になります。
かぼちゃ
緑黄色野菜には計り知れない効能効果が秘められています。
ブロッコリー
注目していただきたいのが、ブロッコリーの抗がん作用です。
ピーマン
大きめのピーマンならレモン1個分に相当するビタミンCが含まれています。
ほうれん草 小松菜
がんの予防とか肌の老化を防ぐ美容効果が期待できます。
ごぼう
ごぼう茶を飲めば体を芯から温め、むくみもとってくれるのです。
きのこ
常食することで神経を鎮静させることができ、精神が安定します。
にら/にんにく
ビタミンB群を豊富に持つ食材と一緒に摂ることでより疲労回復効果を発揮します。
キャベツ
キャベツには、100g中44mgと非常に豊富なビタミンCが含まれています。
なす/白菜
野菜に含まれる栄養成分の効果について解説しています。