Pumpikin  かぼちゃ

 

緑黄色野菜の摂取が多い人ほど、長生きする人が多いという調査結果があるように、緑黄色野菜には計り知れない効能効果が秘められています。

 

かぼちゃなど緑黄色野菜は豊富なカロテン以外にも、ビタミンCやカルシウム、鉄もバランスよく含んだ優れた食材といえます。

 

ポリフェノールやビタミンEなどの抗酸化成分も多く含まれており、抗酸化力が極めて高い野菜でもあります。

 

かぼちゃには水溶性と不溶性の食物繊維も多く含まれているので、便秘の予防や改善にも役立ちます。

 

ビタミンC、ビタミンE、β-カロテンは、アンチエイジング効果も期待ですます。

 

また、かぼちゃには体を温める効果があるので、冷え性の方には積極的に摂っていただきたい野菜です。温かいスープにすると、保温効果がよく、体力回復にも効果を期待できます。貧血ぎみの方や体力がない方は特に、緑黄色野菜の常食により症状が改善されるとのことです。

 

かぼちゃ

冬の時期には常食を勧められますが、風邪の予防になるという理由からのようです。ビタミンAとCが粘膜の抵抗力を高め、細菌感染を予防する効果があるためです。

 

野菜を食べるだけでこれだけの効果が期待できるなら、毎日、摂りたいですよね。

 

 

 

スポンサードリンク

かぼちゃ関連ページ

にんじん
貧血気味の人には効果の高い野菜となります。
玉ねぎ
高血圧、糖尿病、脳血栓、脳梗塞などの生活習慣病(成人病)の予防に効果的です。
じゃがいも
じゃがいもは芋類の中でとても優れた食べ物といえます。
れんこん
地下茎の変更したもので、根ではありません。
大根
ご飯など炭水化物を食べ過ぎた時、大根おろしを食べると胃が楽になります。
トマト
トマトジュースに加工されると、16倍もリコピンの吸収率が高くなります。
ブロッコリー
注目していただきたいのが、ブロッコリーの抗がん作用です。
ピーマン
大きめのピーマンならレモン1個分に相当するビタミンCが含まれています。
ほうれん草 小松菜
がんの予防とか肌の老化を防ぐ美容効果が期待できます。
ごぼう
ごぼう茶を飲めば体を芯から温め、むくみもとってくれるのです。
きのこ
常食することで神経を鎮静させることができ、精神が安定します。
にら/にんにく
ビタミンB群を豊富に持つ食材と一緒に摂ることでより疲労回復効果を発揮します。
キャベツ
キャベツには、100g中44mgと非常に豊富なビタミンCが含まれています。
なす/白菜
野菜に含まれる栄養成分の効果について解説しています。